Twitterでフォロワーを増やすには?【あぐの実例】

Twitter

こんにちは、あぐ(@ugly_jonny)です!

 

先日のブログの内容から、「実際にあぐはどのように実践していたのか」のご質問を受けました。

ということで今回は、『私の場合』を細かく説明していきたいと思います。

 

あぐ式アルファへの道~あぐの実例~

あぐのデビュー戦

先日のブログでも書いた通り、私の目標は『裏垢女子と友達になる!』でした。

あわよくばフォロワーを増やしたい気持ちもありましたが、それはどちらかというと、「フォロワーが多いってどんな気持ちなんだろ?」という、裏垢女子たちの気持ちが気になったから。あと、フォロワーが多ければ交友関係を広げやすいと思ったから。ほら、私根っからの人見知りじゃないですか。コミュ障じゃないですか。フォロワーがいなけりゃ友達も作れん、ってことで、二大目標を掲げて裏垢の世界に飛び込みます。

 

まずは、友達になりたい女子やその周辺のアカウントを細かくリサーチ。

数日徹底的にアカウントを観察したのちに、あぐ垢を始動させました。

 

私の名前『あぐ』は、IDの『ugly_jonny』から来ています。uglyは不細工、jonnyはちんちんという意味なので、直訳すると『不細工なちんちん』。私の中に入ってこないちんちんなんて不細工や!という夫への皮肉が込められています。こっちを先に思いついて、名前を『あぐ』にしましたが、二文字だとさん付けちゃん付けで呼びやすく、なんとなく可愛い感じもするので満足。なんとなくサイコみも感じるので満足。ただ、エゴサのしにくさはやっぱりあります。そこだけが難点なことに、フォロワーが増えてから気付きました。

 

最初のアイコンはこれ。当時から流行りに流行っていた芸能人アイコン。

その中でも、被りがなさそう&誰しもがパッと名前を思い出せる大島優子にしました。

知らない芸能人の顔よりは、「大島優子の人」と思われたほうが印象に残るだろうな、当たり障りのない可愛いポージングよりは「歯磨きの人」という印象をつけられるほうが強いな、と思ってこの画像をチョイス。

bioは画像にもある通り、

「歯磨きしてる時の顔だけ可愛いね」って言われるけど失礼な!フェラしてる顔も可愛いです!

 

……恥ずかしいですね。汗

 

業者垢でもいいからとにかくフォロワーの数字を揃えなきゃ、という考え方なので、絶対に卑猥な単語は入れようと思ってアイコン画像とにらめっこ。んで、思いつきました。ちなみに実際に夫に言われたことのあるセリフです。

卑猥な単語をなぜ入れるかについては、まぁ、bioも単語検索した時に引っかかるから。それだけの理由です。

 

ということで、大好きな大手裏垢女子から、中堅裏垢女子、大手裏垢男子など、私が今後交流を持ちたいと思っているアカウントをフォローします。そこから紐づいて、『仲が良さそう』なアカウントもフォロー。ちなみにそのほとんどは、今は垢消ししてしまっていたり、相互だけれどそこまで交流が持ててなかったりするのでお名前を出すのは難しいんですが、一人だけ、「私、絶対にこの人と会う!」と決めて実際にお友達になれた方がいます。勘のいい方ならすぐに気づいてくれたかと思いますが、はい、そうです、いく夫(@ikuogakuruo)氏です。何を隠そう私が裏垢を知ったのも、彼のツイートがまわってきたからですからね。

いく夫さんと繋がりたくて例のバイブを買ってツイートしたのがアカウント作成後1カ月後のことでした。結局はなんか、勢いのあるネタツイートで興味を持っていただけた印象でしたが、いく夫さんのRTでフォロワー増加が加速したと言っても過言ではないので、えっと、裏垢でアルファになるならいく夫さんと仲良くなるのが早(前回のブログが台無し)

 

……話を戻そう。

んで、まぁ最後、私が大手裏垢女子と仲良くなるにあたって架け橋になってくれるであろう、『超弱小裏垢男子』をフォロー。

もちろん、そんなフォロー活動の合間にもツイートはしてます。

最初のツイートは、健気なレスられ妻ポジションでいこうと思っててこんな感じ。

他のも見てもらえたらわかるんですが、まぁ個性はない。

大量生産型の「ちょっと面白おかしく言おうとしてるけどとにかく欲求不満な人妻」ですね。

ただこれだけでも、弱小~中堅の裏垢男子からはフォロバがもらえたので、女性のみなさんは女に生まれたことに感謝するといいと思います。

あと、どれだけ時がたっても最初の頃にフォロバをもらえた喜びは忘れないものなので、現裏垢男子はドンドン新生裏垢女子をフォロバしたらいいと思います。その恩、いつか体で返してくれるかもしれな(返ってきません)え、でも猫だって鶴だって恩返しするし(いや返ってきませんって、今もその女はどっかの自撮りイケメン野郎とセ)うわああぁぁぁ

 

誰しもが通る手探りの期間

で、いいねをするだけでフォロバをもらえた期間を通り過ぎ、続いてワタクシ、『恐らくちょっと絡めばフォロバがもらえるだろうなって裏垢男子』に焦点を当てます。色々悩んだ末、キャスなるものが盛んであることを知り、その人たちのキャスに通う日々を送ります。

 

ただ、普通にキャスを聞きにいってももったいないので、私、拾い画での渾身のエロツイが最新(自分のタイムラインのトップ)に来るタイミングで、キャス回りに出かけました。

キャス主にコメントで挨拶しつつ、リスナーの人たちもあらかじめフォローし完全包囲。キャス終わりはキャス主にリプで「楽しかったです!ありがとうございました!」

これで、キャス主はもちろんのこと一緒にキャスを聞いていたリスナー陣からもフォロバをもらえます。渾身のツイートにいいねももらえます。だって渾身ですものね。

 

ちなみにこちらの渾身ツイ、内容も全く覚えていなければツイートも残っておりませんでした。あれ?夢かな?

恐らく急に身バレの不安に駆られたある夜、ツイートをガンガン消してまわっていたことがあるのでその時消したのでしょう。いや、それこそ夢でさ、身バレして離婚をつきつけられる夢を見てうなされた日があって、

 

……話を戻そう。(ほっとくとすぐ脱線する)

えーと、フォロバをもらったら時折ダメ押しのリプへGOしてました。私の場合は、フォロバありがとうございますリプは味気ないなと思っているので、その人のツイートに対するリプをただしに行く感じなのですが……

現在、5万フォロワーを抱えており、かつTwitterへ割く時間が激減している私、この行動ってやっぱり間違ってなかったなぁと改めて思います。

だって、リプもらわないとフォロバしてることさえ忘れちゃう。

(ごめんなさいね、本当ごめんなさい。でもみんなそんなもんでしょ?)

 

相手の印象に残ってこそですよね。このダメ押し、私は必須だと思うんですよね。もっとやっとけばよかった。特に女の子相手になんか、怖くて全然絡みにいけなかったんだけど、そんなこと言っとる場合じゃなかった。

 

あっ、ただ裏垢男子にリプする時は一つだけ、気を付けなくてはいけないことがあります。

 

誰かの『好きぴ』であると理解しておけ。

 

その人を推している女子が必ずどこかにいます。

その女子が大手なのか否かはわかりませんが、数字からは見えない影響力を抱えていることもある。

ということで、今後同性のお友達を作ろうとしている段階では、異性に調子乗ったリプをてはいけません。そんなもんはTwitterでのポジションを確立してからやりましょう。

 

ちなみにこの間も、大好きな大手裏垢女子に対しては、時折いいねを送るくらい。

『いいね返し』をもらえたことでテンション上がって、誤ってクソリプを飛ばしちゃったこともありますあります。初の引用RTが来て、調子乗ってリプを送ったらガン無視されたこともありますあります。そんな黒歴史腐るほどありますとも。

 

結局上記の裏垢女子とは相互にはなれなかったので、やはりフォローされてないのにリプに行くのはリスクが高い!特に、私みたいにクソリプしか書けない人間は!

どれだけ「仲良くなりたい」と思っても、その人の好みを変えられるわけではないので、フォロバがなくてもリムられてもブロックされても決して凹んじゃいけません。相性が合わなかった、それだけです。誰しも長く生きてたら、苦手な人間の一人や二人や三人や四人いるでしょう。私もしょっちゅうリムられますし、リムります。ミュートよりよくない?どうせツイート見てないなら、どう考えてもリムられたほうがいい、と思う、んだけど。

 

徐々にTwitterに慣れて来たら

Twitterの人たちが浮上しがちな時間帯、話題にしがちな内容、反応しがちなツイート……がなんとなくわかってきて、Twitterに慣れてきた頃。

 

そろそろもうちょっといいね欲しいよね、ってことで、ハプバーに行ってみました。

なぜハプバーに行ったかって、『ハプバー』という単語で新しい層を取り込めると思ったからです。(ガチ勢に怒られろ)

……いやいや、私ただのミーハーなんですよ。ミーハー仲間ならわかってくれるはず。

 

……で、『ハプバー』という単語が持つ威力をこのツイートへのいいね数で実感するのですが、フォロワーがこの時恐らく100人ちょい。半数は業者。その上でのいいね60。今までの平均いいね数が20だったことを考えると、やはり検索されがちなエロワードをツイートに盛り込むのは効果があるようです。夫好き好きっぽいニュアンスが刺さっただけかもしれないけど。

 

その後ですが、当時仲良くしてくれていた裏垢男子にお願いして、オフ会に参加させてもらうことに成功。アカウント作成して二週間でよくやるね?って言われますがミーハーなので。ミーハーなのでね。

これにより、自撮りを載せない『あぐ』が実際に女であるとみんなが信用してくれたのか、割とフォロバをくれるアカウント様方が増えました。『会える』って、意外とみんなが気にしてるキーワードなのかもしれませんね。会えると思われたほうがフォロワーは伸びます。フォロワーの質については保障しません。

 

今一番仲良しな痴女と繋がれたのもこのくらいの時期。

アカウントを始めて二週間、Twitter楽しいジャーン!の最中です。

 

アカウントの方向性を考える時

で、そんな感じで楽しくやってはいたのですが、フォロワーがガッと伸びることもなく、大好きな裏垢女子たちはやっぱりまだまだ雲の上の存在で、どうしようかなと試行錯誤タイムが始まります。

 

弱小裏垢男子たちも、別にいい人なんだけど……気が合うからフォローしたってわけではないのでリプを続けるのが億劫になってくる(失礼)。やっぱそういうところが弱小たる所以(超失礼)。

 

……いや、ごめんなさいね。私基本的に男に厳しいんだと思うんですわ。

セックスする相手は選ばないんだけど、友達感覚で会話する相手はめっちゃ選ぶ。っていうかセックス以外で特に男を欲してないから、必然的に許容範囲が狭まる。私自身が人との距離感を上手く測れないので、その分上手い人じゃないとしんどくなってくるんです。自分のコミュ障は、相手のコミュ力で埋めていくスタイル(ダメの典型)。

 

女の子には鬼ほど優しいですからね!女の子は女の子としてこの世に生を受けた時から可愛いし、大事にしなきゃいけないって、死んだじいちゃんが言ってました。じいちゃんどっちも生きてっけど。なので、こういう男たちをいつも相手してる裏垢女子ってめっちゃ偉くね、どんなマインドでやってんだよ!とますます裏垢女子と仲良くなりたい熱が高まるばかり。(だから失礼なんだよな男に対して)

 

実は、元々目指していた健気なレスられ妻キャラも、私の持ち前の悪ふざけ癖と、使う言葉が人とは違うことで、ちょっと崩れてきていた。あのー、なかなか個性が埋もれてもお話にならないので、ツイートが『大量生産型エモい』な分リプで頑張ろうとしてみたんですよね。頑張ろうとしてみちゃったんですよ。そしたらどっこい、傍から見たら本当に頭おかしいヤツじゃないですか。自覚はあったんですよね。「コイツちょっと変じゃね?」と思われてる空気はビシビシ感じてた。なので、どうにかそれを逆手に取れないかとキャラを模索しているのがこの期間。

 

シコツイにもチャレンジしてみるも……

 

やっぱり結局、何個もネタがあるわけではないので、ここに戻って来る。

 

いやぁ、頑張ってんなぁ!模索してる。模索しすぎて溺れてる。

 

現在のあぐが生まれる瞬間

そんなこんなで一カ月、試行錯誤の日々が続きまして…

一人の裏垢女子と繋がれたことがきっかけで、その周囲の裏垢女子とドンドン繋がれたり、当初の『3人』のうちの一人からもフォロバがもらえたりとハッピーなことも多い反面、私は焦っておりました。

元々、何より夫バレが怖い私。身バレには人一倍気を遣っているつもりではありましたが、やっぱりアカウントを継続している時間が長ければ長いほどバレる可能性も上がるわけで。

 

さっさとフォロワーを増やして、裏垢女子友達作って、なるほどフォロワー多いってこんな感じねと体感した後は、さっさと鍵垢に引っ込みたかったんですよ、当時はね。

 

つまり、なんとしても早くフォロワーを増やさんといけん!

そのために必要な小手先術は全部打った! ※詳しくは前回のブログへどうぞ♡

じゃあ結局何が足りないのかって…ツイートの質だ!

 

で、色々な裏垢女子を見てまわっているうちに、気付きます。気付いちゃいます。

 

「あれ?あたおかキャラってアリなんだな?」

 

しかも当時はそこまで競合が多くない。

私の過去の経験などを晒していけば、「健気なレスられ妻」キャラよりはよっぽど他者との分別が図れる。

一気に頭一つ飛び抜けるチャンスかも!!!!

 

ってことでドン。

 

 

更にドン。

 

ここからはまぁ怖いものなしになりまして、しかも「裏垢女子たるもの可愛く見られねばならない!」というプレッシャーからも解放されまして、書きたいことが書ける書ける。筆が乗る乗る。

結果、ツイートが長くなる長くなる。

 

ついでにこの頃同時に、会話風ツイートスタイルを発見。

これってめちゃくちゃ書くのラクじゃん!ってことで、これにハマる。

 

こうして、今の『あぐ』が形作られました。

 


ちなみにその後のツイートについてはこんな感じ。

Twitterアナリティクスで、その月一番伸びたツイートが見れたので、URLを張っておきますね。2019年9月~2020年4月まで。

基本的には、「私のツイートどう?面白い?面白くない?私は面白いと思うんだけどー!」のマインドでツイートしているのですが、最近は件の「あたおか風」ツイートよりも、夫とのラブラブ惚気やエモい風恋愛エピソードのほうが伸びるんですよね。最終的にはここに戻って来るのかぁと思いつつ、まだまだ学ぶことばっかりです。

そんな感じで、今日も楽しくツイッタラーやってます。

 

捕捉:前回のブログで書き忘れたこと

ここまで書いて、そういえば全然触れてなかったなと思ったことがあるので、書き足しておきますね。

 

1.RTは基本的にしない!

これはあくまで『短期間でアルファになるには』なので、まぁ……RTはしませんよね。以前書いたことと同じではあるんですが、とにかく、誰がどのタイミングでホーム画面に飛んできても「この人の自ツイート面白いじゃん!」と思われないといけない。一番最新のツイートがRTだったりしたらもう最悪。指をスクロールすることなく離脱すること間違いなし。あかんよね、滞在時間は少しでも伸ばさないとあかんよね。うん。どうしてもRTする際は10ツイートに一回くらいがいいです。

 

2.いいねと自ツイートのバランスを知ろう!

私あなたのツイート好きです!のアピールにもなるし、私いまTwitterやってるよ!のアピールにもなるし、いいねはたくさんするに越したことはありません。リプも、FF外裏垢男子からのクソリプに返信するのは全然いいです。冷たく返しちゃ逆効果なんでそれは避けるべきだけど、優しく返信する分にはファンがつくのでいい。ただ、自分のツイート総数と、総いいね数のバランスは知っておいてください。あぐ調べによると、自ツイートのほうが多い人は「ファン」が多い。いいね欄のほうが多い人は「知り合い」が多い。始めて数か月程度じゃ特に判断基準にはならないけど、そういう見方で長く運用している大手垢とかを見ていくと、『自分がどうなりたいか』の未来予想図は描きやすいかなぁと思います。転生とか、ツイ消し定期の人だとね、また違ってくるんだけど。

 

3.異性にいいねしてんじゃねぇ!

いいねはガンガンせよ、って言ったあとで恐縮だけど、私の場合、自撮りなしでアルファになるには結局周りの裏垢女子の力が必要だった。つまりは、女友達が多ければ多いほど裏垢男子からは注目される。されやすい。まぁそうだよね、フォローしてるアカウント同士のリプってタイムラインに流れてくるから、単純に目についている時間が長い。で、そこでなんでいいねの話になるかと言うと、男のシコツイや自撮りにばかり反応していると女友達ができません。まぁ単純に、男性とばかり交流がある女性ってセックス目的なんだろうなと思うから、同性だと絡みに行きづらいんですよ。遠慮しちゃう。なので、いいねはまんべくなく見た人に好印象を与えるように配慮してください。自分のいいね欄を、上手い具合に配置していくイメージ。私、今でも最後のいいね(一番上に来るいいね)は同性になるようにしているよ。今でいうとアンチ避けの意味なんだけど、だって私がいいねって思ったツイートの人が誰かの好きぴだったら困るもんね。

 

4.相手の鏡になれ!返信パターンは予測しろ!

これ、前回のブログでちらっとは触れたんだけど本当に大事。なのでもう一度繰り返します。

『人間って不思議なもので、使う単語が似ていたり、似た口調の相手には親近感を抱きます』。つまりは、短文リプの人には短文リプを送れ、絵文字を多用する人には絵文字を使え、相手とのノリを合わせろ、相手の得意分野に持っていけるように話の流れを作れ、とまぁ……こんな感じです。簡単に言えば『真似』をすればいい。かつ、これってどんな対人関係でもそうだと思うんだけど、リプを送る時は特に『相手がどうやって返信してくるのかを想定する』。これが大事。大体3パターンくらいに絞れるはずなんですよ。それが浮かばないって人は観察が足りないので、振り出しに戻る。3日間のネトストタイムに戻ってください。なぜ想定するかについては、自分のリプが的確であるか、相手にとっても楽しいものかを判断するため。ちなみにこれは初級編の話で、自分が『アウェイ』の場合だけど、アカウントが成長してくるとこっちの『ホーム』に誰かが突入してくるほうが増えるでしょう。その場合は、トコトン自分節で振り落とす。今後付き合っていける相手かどうかを見極める感じですね。えっと、そろそろ私に絡んでくれるツイッタラーが激減しそうなのでこの話は一旦やめまーす(手遅れだぞ)。やめますねー(手遅れだってば)。

 

5.アイコンの色にこだわれ!

最後は初級中の初級に戻りますが、アイコンの色。これ気にしてください。他者との分別を図る必要があるので、巷に溢れかえっている白背景アイコンとか絶対NG。淡い系も目立たないのでNG。ダダダーっとタイムラインをスクロールした時にも「あっあの人がツイートしてる」って直感的に判断できるような、パキッとした色合いのアイコンがいいですね。私そのへんあんまり考えてなくて、好きなイラストを使ったら今のアイコンで定着しちゃったんですが、大変申し訳ないなと思ってる。あの方に対して。パッと見同じ色になっちゃったんだよなぁ。なので、近しいコミュニティにいる人とは違う色味にしましょうね。

 

男性諸君はこうしよう!

最後になりますが、「男の場合はどうしたらいいですか?」の質問にお答えしたいと思います。

 

そもそもですが、裏垢という界隈で男性アルファを目指すのは結構なチャレンジャー。ハメ撮りという飛び道具を使えるならいいですが、あれはフォロワーを選ぶのでなかなか厳しい。自撮りという飛び道具を使えるならいいですが、所詮顔だけでは戦えません、飽きられます。

 

とういうことで、目標はアルファではなく、「裏垢女子と仲良くなる!」に定めたほうがいいと思います。

 

そうして、そこから逆算していくと絶対に繋がらなければいけないある人物に到達すると思うんです。勘のいい皆様ならもうおわかりですね?はい、いくo(以下略)

……まぁほら、みんなわかってると思うので皆まで言いません。

基本的には女子より修羅の道というだけで、やるべきことは変わりません。

どうしたら一番いいのかを、一生懸命一生懸命観察して吸収して実践して見つけていってくださいな。

 

タイトルとURLをコピーしました